講義

Share on Facebook
Share on LinkedIn
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京海洋大学での講義ページと講義資料

    1. 英語講義登録法
      • Coursera 登録方法 video
        • Programming for Everybody (Getting Started with Python)
        • Python Data Structures
          (元になった講義 PythonLearn.com )
      • EdX 登録方法 video
        • UTAx: CSE1309x Introduction to Programming Using Python(文法の基礎から)
        • MITx: 6.00.1x Introduction to Computer Science and Programming Using Python (応用)
        • MITx: 6.00.2x Introduction to Computational Thinking and Data Science (解析)
    2. 基礎プログラミング演習(1年後期)
    3. アルゴリズム設計(2年前期)
    4. 応用プログラミング演習(2年後期) テキストのサポートページ
    • Jupyter Server 192.244.157.75:8000
    • mail:logman.manager にgmailドメインをつけて

演習(講義)の目標と原則

本演習(講義)の目標は,学生たちが自分で考えて問題解決を行うことができるようにすることである.将来,プログラマになる学生を育成するのではなく,エンジニア,コンサルタント,教育者など様々な職種で役に立つ問題への立ち向かい方,システムの設計の仕方,そして解決するためのアルゴリズム的な思考ができる学生を育てたいのである.したがって,演習(講義)では以下を原則とする.

  1. 他人のレポートを写したことが発覚した場合には不可
  2. 定期的に行うミニテストで基準点に達しない場合には不可
  3. プロジェクト型の問題に対して積極的に参加しない場合には不可

参考資料

  1. Python Tutor の使い方 pptx
  2. ピカチュウによるオブジェクト指向入門  PPT
  3. BottleによるWebアプリ入門 PPT
  4. 最適化のためのPython入門 PPT
  5. 数理最適化問題集 PDF
  6. How to become a supply chain analyst with free  PPT (185M pptx file: requires Power Point 2010 for watching videos)
  7. matplotlib スライド
  8. ビデオ確認問題 課題
  9. pylab確認問題 課題