ロジスティックスネットワーク最適化システム MELOS zero 〜ロジスティックスネットワーク最適化をもっと簡単に〜

より使いやすい新しいSCMOPT zeroシリーズにリニューアル

ロジスティックスネットワーク最適化システム MELOS (MEta Logistic Optimization System)      

SCMOPTパンフレット.pdf

ケーススタディ

サプライチェーン最適化のメリットやAI×最適化技術を使用したシステムの必要性はこちらをご覧ください.

    

概要

ロジスティックスネットワーク最適化は,供給から消費までのサプライチェーン全体に跨る意思決定で,中長期の戦略的な意思決定になります.一般的に,このようなサプライチェーン全体を通した戦略的な意思決定を最適化することで大幅な費用削減が可能になります.

MELOSはロジスティックスネットワーク最適化を行うためのシステムで,通常の離散最適化を用いて最適な施設配置と生産工場ならびに輸送ネットワークを計算するMELOSと,施設の候補地点を探索するMELOS-GF が準備されています.

     

SCMOPT 全体像

MELOS の第一の目標は,サプライチェーン全体を通したストラテジック(戦略的)な意思決定を包括的に支援することです.ストラテジックレベルの意思決定には,どこから原材料(もしくは部品)を調達するか,どの工場のどの生産ラインで生産するか,どの地点からどの地点にどのような輸送手段(モード)で輸送を行うか,どのような生産方式で生産を行うか,どこに工場もしくは倉庫を新設するか(もしくは移転するか,閉鎖するか)などがあります.これらの意思決定を,1年以上,数年から数十年のスパンで計画するるのが,ストラテジックレベルの意思決定です.

MELOS の第二の目標は,サプライチェーン全体(もしくは一部)に対するタクティカル(戦術的)な意思決定を支援することです.タクティカルレベルの意思決定には,いつ,どこから原材料(もしくは部品)を調達するか,いつ,どの工場のどの生産ラインで,どれだけ生産するか,いつ,どの地点からどの地点にどのような輸送手段(モード)で輸送を行うか,短期的に賃貸が可能な施設をどのようなタイミングで利用するか,
などがあります.これらの意思決定を,数ヶ月から数年のスパンで計画するのがタクティカルレベルの意思決定です.

MELOSは需要予測システムとの連携や配送最適化システムとの連携,生産ロット最適化システムと連携することでネットワークや生産,配送の包括的な最適化が可能になります.

       

特徴

  • 様々な実際問題の制約が考慮可能で,出てくる答えは非常に良いスケジュールになっているため,手動調整不要です.(必要に応じてデータの固定やExcelシート上で自由に手動調整可能です.)
  • Excelデータをそのまま利用可能で,SCMOPTのその他サブシステムやxlsx,API経由で外部システムとの連携も可能です.
  • Excelとwebアプリを融合したインターフェイスで,多くの場合,ユーザ自身でモデルのカスタマイズが可能です.
  • モデリングのコンサルティングサービスや各種サポート,必要に応じた個別カスタマイズも可能です.
  • 厳選したソルバーやモデルを採用しているため,既存技術で解ける最大規模の問題まで解けます.
  • 現状の再現ではなく,膨大な組み合わせの中からより良い意思決定の答えを見つけ出します.
  • 近視眼的な改善ではなく,全体の目的と制約を考慮し,バランスのとれた最適な答えを自動で計算します.

     

メリット

  • 需要変動に応じて最適な生産計画を迅速に作成することができます.
  • 無駄な段取りを減らすことが可能です.
  • 過剰な作り置き在庫を減らすことができます.

   

利用方法

パブリッククラウド,API,オンプレミス,プライベートクラウド

    

カスタマイズ

導入コンサルティングや各種サポートが可能です.SCMOPTに含まれるシステムをベースにセミオーダーメイドのシステム作成も可能です.詳細はお問い合わせください.

     

デモ,無料相談

サプライチェーン最適化,数理最適化やAI需要予測などに関する様々なご相談を無料受付中です.お気軽にご相談ください.

*説明には,一部オプション機能やカスタマイズ必要な機能も含まれています.詳細はお問い合わせください.

*ユーザ側で行うモデリングは,プログラミング知識は不要ですが,一定のAIや数理最適化に関する知識が必要であるため,初心者のシステムの単独利用はおすすめしておりません.是非,まず,無料相談でご相談ください.